ミニバンの欠点

かくも市井に溢れているミニバンですが、その欠点について言及してみたいと思います。
ミニバンの最大のデメリットは、スポーツ走行に向いていないこと、ドライビングプレジャーを味わえないことに尽きるでしょう。
犬13
かくもミニバンが市場を席捲したのは、ドライビングそのものを楽しむドライバーが減ったということでしょう。一部のミニバンにあるように、如何に重心を低くしたり、足回りを工夫したり、ドライビングトレインの方で高性能化しようとも、絶対的な重心高は決して低くなく、1ボックス、1.5ボックスまたは2ボックスで隔壁がなくドンガラのミニバンは3ボックスのセダンやクーペに比べれば格段に走行性能に劣ります。昨今の重心高が低くスポーティに躾けられたミニバンにおいては、ドライビングに長けたドライバーが運転すれば、セダンやクーペよりも速いタイムを出せるかもしれませんが、走行感覚において不満が出るでしょう。また重心高の高さから来る走行安定性もセダンやクーペに比べて優れているととは言えません。高速コーナリング走行において限界領域を超えれば横転することも考えられます。
その他のデメリットとしては、最近多く見られる3列シートのスモールミニバン及び中型ミニバンの場合、追突された際、3列目の乗員が極めて危険な状態になるということです。その他、ミニバンはデザイン上どうしても画一的になりがちで、特にデザインを重視する層には敬遠されるきらいがあるということです。更に場合によっては立体駐車場の駐車において制限を受けることも決して小さい問題ではないでしょう。

コメントを受け付けておりません。