ドライビングポジションが高く視点も高いため視界が良好

ミニバンの魅力は、セダン等と比べて室内が広くて天井も高く、乗車定員も7〜8人と多人数乗車が可能で、さらに、ラゲッジスペースも比較的広いことです。また、最低地上高が低い事により、低重心で走行安定性も高く、その操縦性はセダンにも劣りません。さらに、低床のため乗降性も良くなっており、特にお子さんやお年寄りには優しい車といえるでしょう。
犬12
中でも特筆すべき点は運転のし易さです。乗車定員を増やす為に、天井を高くして、セダンに比べて縦型のドライビングポジションになっているため、ドライバーの視点は高くなります。
視点が高くなると前方視認性が良くなり、3台以上前の車のストップランプも視界に入るようになります。
セダンや視点の低いスポーツタイプの車などの、いわゆる、寝そべって運転するタイプの車に乗っていると、直前の車しか目に入らず、前車のストップランプに翻弄されてイライラした経験も少なくないはずです。特に渋滞の時には尚更です。
前方の視界が良ければ、前の車のストップランプを見て慌ててブレーキを踏む必要も無くなり、ブレーキングに余裕が出ますし、追い越しの際にも安全確認がし易くなります。なにより、見晴らしが良い事による開放感はセダンでは味わえないものがあります。

コメントを受け付けておりません。