ミニバンの特長 

ミニバンの特徴を簡単に説明します。
ミニバンという言葉がメジャーになったのはここ数年であり、それまではワンボックスカーという呼び方が一般的でした。
従来のワンボックスカーは貨物搬送が目的のキャブオーバータイプの商用車から変わったもので、この時のキャブオーバー型ワンボックスカーはの特徴としてエンジンが運転席に下にあるため、静かさという点で非常に問題がありました。
しかも、座席面が非常に高く乗りにくいという点もあり、ただ、全席後ろからのカーゴ、後部座席が広いという利点がありました。

犬07
現在は、エンジンをボンネットに収納し、キャビンとカーゴルームを共有し清廉性と乗り心地を考えたミニバンが主流となり、従来ワンボックスと言われたものが2ボックスに変わりました。
エンジンルームが小さいものは1.5ボックスと言われています。
現在のミニバンは、2ボックス構造ということでキャビンの乗員を怪我から守り、衝突の衝撃を緩和するということが現実的となりました。
しかも、ワンボックスは乗りにくいというのが定番でしたが、2ボックス化することで低床ミニバンが現実化し、乗車しやすいミニバンが多くなりました。
エンジンが前で構造的にFFのものが多く、コストが安くできるという特長を持ち合せています。

コメントを受け付けておりません。